猫の肉球の皮膚炎(形質細胞皮膚炎)

カテゴリ |  皮膚の病気(皮膚病)

アナフィラキシーアレルギー性皮膚炎アトピー性皮膚炎脂漏症リンクスアカルス・ラボラスキーストレスによる脱毛症対称性の脱毛日光過敏症肉球の皮膚炎(形質細胞皮膚炎)肉芽腫(好酸球性肉芽腫症候群)尾腺炎(スタッドテイル)クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)白癬(皮膚糸状菌症)ニキビダニ症(毛包虫症)疥癬(ヒゼンダニ症)ツメダニ症ノミによる皮膚病食事性アレルギー

猫の肉球の皮膚炎(形質細胞皮膚炎)の症状と原因

症状原因

初期状態では、両方の前足の肉球が浮腫んできます。そして続けて後足の肉球も浮腫んでしまいます。この状態では猫は、痛みやみは無いです。ただ進行が進みますと、肉球の表面が潰瘍を起きて痛みを生じます。出血により細菌が、感染して膿が出ることもあります。原因はよく解っていないのが現状です。猫は痛みにより、うまく歩行ができなくなり、足を引きずるようになります。体のリンパ節が腫れてくるケースもあります。

猫の肉球の皮膚炎(形質細胞皮膚炎)の治療方法・対策

治療方法

副腎皮質ホルモンを投与すると症状が和らぐこともあり、また特に治療をしなくても突然治ることもあるようです。

<関連コラム> - このページを見た方は、次のページも読んでいます -
脳幹活性療法         
​ ​

猫の病気辞典目次(病名別)

猫の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
大型犬
(歳)
1 5 10 20 27 33 39 45 50 55 60 65 70 74 78 82 86 90 93 96 99 102 105

※猫は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。


脳幹活性ペンダント・イフ

H4O水素水

酵素乃泉

花びらたけ

マウスクリーン

自然治癒力維持のためのペンダントで、17年で14万個突破!すごい実績の数々。
18,000円 

水素の力でサビ退治!テレビ放映以来超人気!腎臓、肝臓のために。
7,500円~ 

生きた微生物の湿った粉末の酵素。ペットフードを食べている全ての子に!
8,500円 

アガリクスの5倍のβグルカンは他のキノコを圧倒しています。
3,800円 

歯磨きができない子へ
1,500円 

スキンミスト

犬や猫の皮膚・毛並みの悩み
2,500円