犬の結膜炎

カテゴリ |  眼の病気(眼病)

乾性角膜炎角膜裂傷ホーナー症候群眼瞼外反症前房出血白内障緑内障眼瞼炎結膜炎

犬の結膜炎の症状と原因

症状原因

結膜炎は瞼結膜・球結膜が炎症を起こしている状態です。原因は、犬が目を強くこする・目に毛が入るなどの物理的な刺激・シャンプーや薬品などによる刺激・ほこりや植物種子、毒物性スプレー・細菌などの微生物が入ってしまうという事が考えられます。片目の場合は物理的刺激・アレルギー・両目の場合は微生物による感染症と考えられます。

眼の中の異物・ウイルス感染が原因の場合、液産生の減少が細菌や真菌を増殖させて、感染症を起こすようになります。症状は、充血、黄緑色の目やになど。結膜は共に外界と直接ふれるため、さまざまな原因によって炎症を起こした結果、目やに・充血・目・浮腫・かゆみ・痛みなどがおこります。

犬は、痛みやかゆみがあるので、目をこするしぐさや床に顔をこすりつけたりなどをし、そのため、まぶたのまわりが赤くなったり、目やにが多くでて、目の周りが濡れるようになります。

新生子結膜炎は、生後間もない子犬が眼を開く前後、約10~14日の間に起こります。子犬は、新生子結膜炎を起こしやすい傾向があります。眼瞼は腫れぼったくなり、目やにがみられることがあります。

犬の結膜炎の治療方法・対策

治療方法

まず原因が何なのかをつきとめましょう。毛が入っている場合は、毛を抜きます。細菌のウィルス感染が原因の場合は、抗生物質の目薬や眼軟膏で治療をします。シャンプーなど化学薬品が原因なら、まず、目の洗浄が必要です。みのために目をこすりすぎる場合は、エリザベスカラーをつけて、こすったりかいたりさせなうようにしましょう。

毛の刺激が原因であれば、飼い主さんが毛を抜いたりして刺激の原因を取り除いてください。全身性の病気が原因なら、その病気の治療をします。

<関連コラム> - このページを見た方は、次のページも読んでいます -
脳幹活性療法         

​ ​ ​

犬の病気辞典目次(部位別)

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。