犬の精巣腫瘍

カテゴリ |  癌・ガン・腫瘍性の病気

喉の腫瘍(甲状腺腫瘍)皮内角化上皮腫血管外膜細胞腫扁平上皮癌可移植性性器肉腫基底細胞腫脳腫瘍毛包腫瘍皮膚乳頭腫肛門周囲腺腫膀胱移行上皮癌前立腺膿瘍血管腫腹部の腫瘍口腔の腫瘍皮脂腺腫骨肉腫黒色腫(メラノーマ)皮膚組織球腫肥満細胞腫乳腺腫瘍脂肪腫リンパ腫精巣腫瘍

犬の精巣腫瘍の症状と原因

症状原因

精巣は、男性ホルモンを分泌して体格や性格を雄らしくしたり、精子を作ったりする雄特有の臓器ですが、その部位に腫瘍が発症してしまう病気です。 精巣(睾丸)の腫瘍は、犬では人間よりも発生率が多くみられます。腫瘍細胞の増殖によって精巣がふくれあがることもあります。

症状に痛みなどはありません。実際に犬の精巣部分を触ってみた時に片側より明らかに大きいなどで発見します。腫瘍の細胞が分泌する女性ホルモンのせいでメス犬にみられます。脱毛や前立腺もはれることがあります。オスなのに乳腺がはってきたり、オス犬が発情期のメスに対するしぐさをした時なども考えられます。 悪性の割合は、精巣の腫瘍は大きさにより主に3種類に分かれますが、おおよそ約5~20%の割合で悪性になってしまいます。

犬の精巣腫瘍の治療方法・対策

治療方法

間細胞腫は雄のホルモンを生産する細胞の腫瘍ですが、通常良性であり、去勢で治癒します。全身の脱毛がひどいケースでは、それがなくなって落ち着くまでに約週1回の間隔で男性ホルモン薬を投与するときもあります。

腫瘍は放っておくと徐々に大きくなっていくので、なるべく早いうちに摘出した方がいいでしょう。中高年で起きる事もあり、腫瘍が大きくなって高齢になってからではそれだけリスクが高く生命の危険と重なってきます。若い頃に去勢手術をしておくことにより、発症を無くさせることができます。陰睾の時には腫瘍が起こりやすい部位なので、体力のあります若い時期に手術するのが予防への一歩です。

<関連コラム> - このページを見た方は、次のページも読んでいます -
脳幹活性療法         


犬の癌・腫瘍療法食対応の食事療法
​ ​ ​

犬の病気辞典目次(病名別)

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。