犬の脂肪腫

カテゴリ |  癌・ガン・腫瘍性の病気

喉の腫瘍(甲状腺腫瘍)皮内角化上皮腫血管外膜細胞腫扁平上皮癌可移植性性器肉腫基底細胞腫脳腫瘍毛包腫瘍皮膚乳頭腫肛門周囲腺腫膀胱移行上皮癌前立腺膿瘍血管腫腹部の腫瘍口腔の腫瘍皮脂腺腫骨肉腫黒色腫(メラノーマ)皮膚組織球腫肥満細胞腫乳腺腫瘍脂肪腫リンパ腫精巣腫瘍

犬の脂肪腫の症状と原因

症状原因

犬の脂肪種は簡単に言うと、脂肪の塊です。主に、体表面や四肢にできやすいもので、高齢犬に多く発生します。触る事で確認できます。ですが、良性の脂肪腫であるのか悪性の脂肪肉腫であるのかは、病理組織検査を行わないと分からないので、必ず検査をしてもらいましょう。

犬の脂肪腫の多くは皮下に発生します。筋肉の間や場合により体腔内に見つかる時もあります。脂肪腫は皮下脂肪や筋肉の中にある脂肪組織が、増殖して大きな脂肪の塊になったものです。一般的に、脂肪腫は良性・脂肪肉腫は悪性という区分がされています。

犬の脂肪腫は痛みなどの症状はなく、こすれてしまう、生活の邪魔になる、という事がない限りは特に治療の必要はありません。ただし、脂肪種は大きく成長してしまうことが多く、見た目にも明らかになるので、体調と相談して、切除や内容物の吸出しを希望される方もいるようです。

犬の脂肪腫の治療方法・対策

治療方法

脂肪腫は基本的に良性の腫瘍なので、絶対に手術をしなくてはいけないことはありません。脂肪腫が動きを妨げて急速に大きくなる・とても目障りである、歩行困難になるという場合には、手術をします。残念ながら、予防法は確率されていません。

<関連コラム> - このページを見た方は、次のページも読んでいます -
脳幹活性療法         


犬の癌・腫瘍療法食対応の食事療法
​ ​ ​

犬の病気辞典目次(病名別)

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。