犬の膝蓋骨脱臼

カテゴリ |  骨と関節の病気

骨盤骨折ひざの前十字靭帯の断裂レッグ・カルベ・ペルテス病股関節形成異常椎間板ヘルニア股関節脱臼膝蓋骨脱臼

犬の膝蓋骨脱臼の症状と原因

症状原因

犬の膝蓋骨脱臼とは、後肢にある膝蓋骨(いわゆる膝のさら)が正常な位置から逸脱した状態を指します。内側にはずれる内方脱臼と外側にはずれる外方脱臼がありますが、その発症頻度は圧倒的に内方脱臼が高いです。

すべての犬種に発生がみられますが、とくに内方脱臼はヨークシャー・テリア、ポメラニアン、トイ・プードル、シー・ズー、チワワなどの小型犬種に多く、外方脱臼は、大型の犬種にまれにみられます。

先天性と後天性にわけられ、先天性のものでは出産時から膝関節周囲の筋肉や骨の形成異常や靭帯の付着部の異常などが存在し、加齢とともにこれらの異常が進行して膝蓋骨の脱臼を招く結果となっています。

後天性のものでは、打撲や落下などによる外傷性の原因で膝蓋骨周囲の組織に損傷が生じたり、骨に関連する栄養障害などによって骨の変型が生じた結果、発生します。

犬の膝蓋骨脱臼の治療方法・対策

治療方法

年齢や症状によっては放置する場合もあれば、内科的療法、レーザーなどの理学療法、外科的手術を行うなど、治療は様々です。症状が軽い場合は内科的療法とともに運動制限し、また肥満傾向の場合は減量などを併せて行うことで症状の進行を防止します。

犬の膝蓋骨脱臼の関連情報

★膝蓋骨脱臼の予防法膝蓋骨脱臼は、犬にとってとても重大な遺伝的欠陥のひとつと見られています。今現状ですでに脱臼を起こしている場合はまず、繁殖させないようにしてください。室内で飼育している場合は、足に負担の掛からないように、床を柔らかいマットに変えるなどして、なるべく病状の進行が進まないようにしましょう。

また、成犬の場合は自分で脱臼を直したりするので、外れている時と収まっている時では歩き方に変化が見られるので、その変化を見逃さないように気をつけてください。そして、足に負担が掛からないように肥満には注意してください。足を動かさなくなるとその周りの筋肉が縮小してやがて歩くことを止めてしまう可能性もあります。

★注意しておきたい犬種
キャバリア
シーズー
柴 
ミニチュア・ダックスフンド 
チワワ 
パグ
パピヨン
プードル
ペキニーズ
ボストンテリア
マルチーズ
ヨークシャテリア

<関連コラム> - このページを見た方は、次のページも読んでいます -
脳幹活性療法         

​ ​ ​

犬の病気辞典目次(部位別)

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。


脳幹活性ペンダント・イフ

H4O水素水

酵素乃泉

花びらたけ

マウスクリーン

自然治癒力維持のためのペンダントで、17年で14万個突破!すごい実績の数々。
18,000円 

水素の力でサビ退治!テレビ放映以来超人気!腎臓、肝臓のために。
7,500円~ 

生きた微生物の湿った粉末の酵素。ペットフードを食べている全ての子に!
8,500円 

アガリクスの5倍のβグルカンは他のキノコを圧倒しています。
3,800円 

歯磨きができない子へ
1,500円 

スキンミスト

犬や猫の皮膚・毛並みの悩み
2,500円