犬の発熱

カテゴリ |  症状別

嘔吐がある
がある・呼吸が苦しくなる
斜頸がある・倒れる

犬の発熱の症状と原因

症状原因

犬の体温(平)は、小型犬38.6~39.2℃・大型犬37.5~38.6℃です。犬の平は人間より高いので、発すると40℃前後になることが多く耳のつけ根に手をあてたりひたいに触れますと体温が高いとわかります。そのものは病気ではなく、症状の1つですので、解剤によって一時的に下げても、原因をつきとめて治療しなければ、危険な状況になります。

犬の発熱の予防と対策方法

いろんな感染症・中毒などのほかに、暑いときになりやすい中病・日射病にも発がおこります。真夏の日陰のない場所や密閉した家や車の中にいますと中病になります。 夏場の散歩は涼しい時間帯を選んで負担をかけないようにしましょう。

犬の発熱の関連情報

犬の体温は先端の肛門に体温計を入れると正確に計れます。人間用では流用できないので犬用の体温計を用意するとよいでしょう。体温計を計る時にこわがる場合もあるので、2人1組でおこない犬を抱きながら安心させてるようにしましょう。体温計が動かないように入れている間は側にいて体温計をおさえておきます。普段の生活で体温が一定ではないので午前中は低く午後が高めになります。普段から犬の平を把握しておくことは重要です。

<関連コラム> - このページを見た方は、次のページも読んでいます -
脳幹活性療法         

​ ​ ​

犬の病気辞典目次(症状別)

犬の病気 症状別一覧
犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。