猫の爪きり

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


別の章でも紹介しましたが、猫を飼っていて、飼い主さんが頭を悩ませるものの1つに猫の爪とぎがあります。猫の爪とぎは本能ですので止める事はできません。猫にとって爪を研ぐ事は、ハンティングやマーキングの準備であり、自分を守るためには必須のものなのです。

猫の爪とぎについては、そちらのページをご覧頂くとして、ここでは猫の爪きりについてご紹介します。

猫は普段爪を引っ込めているのでその爪を出すためにそっと爪先(肉球)を押し出しで爪を出します。気をつけて欲しいのは、爪を透かすと見えるのですが、猫の爪の中には神経と血管が通っています。俗に言う"生爪"部分です。そこは傷つけないように気をつけて下さいね。


慣れるまでは先っぽをちょっと切る位で大丈夫です。先の白くなった爪は古い爪ですので、その部分を切ると思っていればOKです。2週間に1回程度は爪の伸び具合をチェックしてみて下さいね。


猫の爪きりにはいくつかタイプがあります。クリッパータイプややすり型、ギロチンタイプ、電動式のもあります。猫ちゃんによって、使いやすいものと、大人しく爪切りさせてくれるものと随分違いがありますので、これも色々試してみる必要があるでしょう。

猫のケア
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

猫の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
大型犬
(歳)
1 5 10 20 27 33 39 45 50 55 60 65 70 74 78 82 86 90 93 96 99 102 105

※猫は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。