猫好みの香り

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


猫それぞれの好みはあるものの、一般的に猫にとって不快な香りと好みの香りがあります。猫は聴覚も優れていますが、嗅覚も人間の数倍とかなり敏感に臭いを感じる動物です。なぜなら猫にとって、匂いは貴重な情報源だからです。猫は鼻からだけでなく、口の中にある器官でも匂いを感じる事ができます。飼い主がなんともないから・・・好みだから・・・という理由でプンプン匂わせていると、猫のストレスや、不信にもなります。注意して下さいね。



有名なところだとマタタビですね。マタタビは匂いもさることながら、その実まで食べてしまうほどです。人間で言うところの『酔った』ような状態になるのですが、しつけやストレス発散などに使えますし、体に害はありませんので適度に与えたい植物です。

さらに、マタタビと同様な効果をもたらすキャットニップ・キャットミントという植物があります。ハーブの一種ですが、これも猫が喜ぶ香りを放っています。また、理由は定かではありませんが、チーズや焼き魚・イカ・鰹節などの匂いも好きな猫が多いようです。食べ物の好み=においの好みというところでしょうか。



猫が苦手とする臭いに香水・タバコがあげられます。日常的に身近にあるご家庭もあるのではないでしょうか?タバコはご存知のように百害あって一利なしといわれる程、体に悪影響ですので猫の近くで吸わないというのは鉄則ですが、香水や化粧品の臭いも猫にはストレスになるようです。化粧品の臭いは人間ではあまり感じないかも知れませんが、嗅覚の優れた猫には強烈に感じます。猫は臭いの記憶はかなり深く残りますので、嫌われるとなかなかなついてもらえません。注意したいところです。

それから、メジャーですがミカンなどの柑橘系の香りも猫は嫌います。ハーブなどに猫の好むものは結構あるのですが、湿布の香りを嫌う猫は意外と多いようです。ただし、一般的に湿布の香りは猫は苦手。とされていますが、意外と歯磨き粉などのミント系の臭いを喜んで嗅いでいる猫もいるようです。人間と生活を共にしているうちに、猫にもある程度匂いに対する慣れが生じてくる事は間違いないようです。

猫の好き・嫌い
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

猫の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
大型犬
(歳)
1 5 10 20 27 33 39 45 50 55 60 65 70 74 78 82 86 90 93 96 99 102 105

※猫は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。