ゴールデンレトリバーの妊娠・出産

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


ゴールデンレトリーバーの子供を望むのなら、まずメス犬の性周期のメカニズムを理解しなければなりません。メスが発情するのは年に1、2回で、特定の繁殖季節はありません。生後8~12ヶ月で初めての生理を迎えた後は、薬6~8ヶ月周期で発情を繰り返していきます。

生理は発情前期に始まります。この時点ではまだメスは交尾を受け付けません。出血から約10日後に排卵があり、その後1週間が受精する可能性が高い交配期間です。ゴールデンレトリーバーの初めての交尾は、愛犬が身体的にも、精神的にも成長する1歳半(3回目)の発情まで待ちましょう。

メスの発情の周期は以下の通りです。

発情前期(7~10日間)

 ホルモンの分泌が活発になり、外陰部の肥大、充血が見られ、生理が始まります。また、食欲が増す、動作に落ち着きがない、排尿の回数が増えるなどの特徴が見られます。

発情期(4~12日間)

出血開始からおよそ10日後、生理の終わりかけに黄色い粘液状のおりおのが増えて、排卵します。以後、約1週間受精可能となります。最も受胎しやすいのは排卵の2、3日後です。この時、交配、及び受精していた場合の妊娠期間は約63日間です。

発情休止期(50~80日間)

交尾を受け付けなくなってから2ヶ月前後に卵巣に黄体が現れる。妊娠していなかった場合、偽妊娠を起こすことがある。

無発情期(90~240日間)

発情休止期から発情前期までの期間のことで、卵巣に黄体等は見られません。



一方オスはというと生後11ヶ月頃に性的に成熟しますので、それ以降いつでも交尾可能になります。所属している畜権協会、や愛犬雑誌、インターネットなどでゴールデンレトリーバーのブリーダーを探すかペットショップや動物病院等でパートナーを探し、交配をします。

一方オスはというと交配後、妊娠の兆候が現れるのは約1ヶ月後、確認出来るのは出産の約2週間前とかなり間際になるまでわかりません。ただし超音波検査ならば交配後4週間過ぎれば確認することができます。偽妊娠が心配でしたら検査しに行って下さい。主な妊娠の兆候とは交配約1ヶ月後に、乳房全体が膨らんできたり、食事の量や好みが変わったり、落ち着きがなくなったりです。

一方オスはというともしゴールデンレトリバーの妊娠が成功していた場合、普段より注意深くケアしてあげましょう。散歩は運動不足にならないように、出産前の8週目くらいまで行ないます。ただし、ジャンプしたり、走るなどの激しい運動は控えます。また、オスに近づけさせることもさせないようにしましょう。シャンプーは一番安定している5週目辺りに1度だけ行ないます。食事は6週目あたりから妊娠犬用メニューに切り替えます。7週目に入ったら、普段の量の3割増を与えましょう。

出産の際、産室の温度は20℃を下回らないようにします。特に冬の時期は注意しましょう。母犬の体温が37度くらいまで下がり、呼吸が荒くなり、力むような動作が見られたら、強い陣痛と共に第1子を産み落とします。そして1、2時間後に第2子、その後は30分~1時間間隔で生まれてきます。胎児が途中で引っかかって出てこないときはガーゼを手に巻いてそっとくるむようにつかみ、軽く回すような感じで引っ張り出します。

ゴールデンレトリバーに陣痛があるのになかなか生まれてこない、2時間経っても第1子が生まれない、ぐったりとして痙攣を起こしている等という異常分娩の時は直ちに獣医に連絡し、その指示に従いましょう。

また、ゴールデンレトリバーに出産の兆候があるのに65日経っても出産しない場合は獣医に診てもらいましょう。帝王切開による出産になる場合もあります。

ゴールデンレトリーバー
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。