ゴールデンレトリバーの去勢・避妊

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


去勢・避妊手術はたんに妊娠防止になるだけではなく、 ゴールデンレトリバーにとっても病気の予防や、行動面の抑制、精神面の安定といった利点があります。もし飼い主の皆さんが繁殖を望まない場合は、オスには去勢手術、メスには避妊手術を受けさせることをお勧め致します。ゴールデンレトリーバーに手術を受けるさせられるのは1回目の発情前の6~7ヶ月くらいからです。大型犬ですので、体が大きくなる前に手術を済ませてしまう方が良いでしょう。

虚勢・避妊の利点 オスの場合

・性格が穏やかになり、しつけがしやすくなる
・マーキングを抑えられる
・前立腺の疾患の予防になる
・精巣や肛門周辺の腫瘍の予防になる
・会陰ヘルニアなどの予防になる

虚勢・避妊の利点 メスの場合

・生理の世話や発情時のわずらわしさがなくなる
・望まない妊娠を避けることができる
・子宮蓄膿症の予防になる
・子宮、卵巣、乳腺の腫瘍の予防になる
・鼠径ヘルニアなどの予防になる

上記の効果以外にメス、オスのゴールデンレトリバー共に発情期のストレスをなくすことが出来ます。

虚勢・避妊の欠点

・手術を済ませてしまうと、後から繁殖をさせたくなっても不可能になってしまう。
・皮膚病になりやすくなる傾向がある。
・肥満になりやすくなる傾向がある。

ゴールデンレトリーバー
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。