ゴールデンレトリバーの狂犬病・伝染病予防接種

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


ゴールデンレトリーバーが生後90日を過ぎたら必ず30日以内に狂犬病予防注射を受け、その「注射済証明書」を持って保健所や役所で生涯に一回の畜犬登録を済ませましょう。登録料は3,000円(東京都)です。登録が済むと、その証明として鑑札と注射済票が交付されます。鑑札はゴールデンレトリーバーの首輪につけておきましょう。

畜犬登録を済ませると、毎年4月に1回、狂犬病予防接種の案内が届きますので、出来る限り毎年ここで済ませてしまいましょう。もし万が一行くことが出来なかったとしても、動物病院でいつでも受けることが出来ますので必ず受けて下さい。接種後に貰える注射済証明書を保健所などに持って行き、注射済証明書の交付を受けましょう。注射の費用は地域や病院で異なり、別途、交付手数料もかかります。

また、狂犬病以外の伝染病の予防接種は義務ではありませんが、大切な愛犬の為にも済ませておきましょう。

ゴールデンレトリバーの伝染病予防接種で防げる病気

・ ジステンバー
・ 犬伝染性肝炎
・ 犬パルボウイルス感染症
・ レプトスピラ症
・ ケンネルコーフ
・ 狂犬病
・ フィラリア症

病気により、摂取するワクチンの種類や期間、回数等が違いますので、動物病院で確認しましょう。

ゴールデンレトリーバー
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。