ゴールデンレトリバーのかかりやすい病気

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


ゴールデンレトリーバーは、身体的にも精神的にもとてもたくましい犬ですが純血種であるが故に、遺伝性疾患が他の犬種よりも起きやすい犬種なのです。遺伝性疾患というのは、その犬種の形質を強化する交配を繰り返していく毎に、とある遺伝子に不良が生じてしまい、発病しやすくなってしまう疾患のことです。遺伝性疾患の中で最も症状が出る部分は、関節、目、腸等で、特に股関節に形成異常のある場合が多いです。

その他にも耳が垂れてるが為に、耳の病気にもかかりやすく、長毛種であるが為に皮膚病にもかかりやすいのです。ゴールデンレトリーバーは遺伝的に肥満にもなりやすい犬種です。肥満は関節や内臓に悪影響を与える根源となります飼い主の皆さんは十分に注意してあげましょう。

ゴールデンレトリーバーがかかりやすい病気

・股関節形成不全症
・白内障
・進行性網膜萎縮症
・皮膚炎(アトピー性皮膚炎や、ノミ、ダニ、カビが原因の物も含む)
・外耳炎、内耳炎
・骨軟骨症
・大腸過敏症候群
・肥満

また、ゴールデンレトリバーに万一の事があってから病院を探すのは望ましくありません。あらかじめ近くの口コミで評判のいい病院とホームドクターを探して愛犬の健康診断を兼ねて直接自分の目で確かめると良いでしょう。

良い病院の条件

・ 清潔であること
・ 丁寧な診察をしてもらえること
・ 症状と治療の方法を詳しく話してくれること
・ こちらの納得を得てから治療に取り掛かってくれること
・ 治療費等を事前に教えてくれること

また良い病院の中でも、良い医師に診てもらうことが理想ですので、ネットで調べたり、ご近所でゴールデンレトリバーを買っている方に聞いてみたりして愛犬に最良の環境を作ってあげましょう。

ゴールデンレトリーバー
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。