ゴールデンレトリバーのおでかけ・旅行

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


ペットブームにより、犬同伴でも入れるカフェやレストラン、一緒に止まれるホテルやペンションも増えてきましたが、愛犬を連れての旅行は飼い主のマナーが問われるときです。周囲に迷惑をかけないように細心の注意を払い、楽しい旅行にしましょう。

ゴールデンレトリーバーとの旅行で準備する主な物

・生活用品(首輪、リード、食器、水筒、ドッグフード、ブラシ等)
・薬剤(酔い止め、下痢止め、消毒液、消臭剤等)
・雑貨(タオル、新聞紙、ビニール袋、スコップ、ウェットティッシュ、
  ティッシュペーパー、トイレットペーパー )
・その他(ケージなどの運搬用犬舎、迷子札)

ペット同伴で入れるカフェやホテルは雑誌やホームページで調べることが出来ますが、どちらもトイレや無駄吠えのしつけは勿論、何かあった際に直ちに飼い主の指示に従え、尚且つ、「マテ」「コイ」「スワレ」といった最低限のしつけが出来ていることが絶対条件です。

また、例え犬との同伴をうたっているホテルでも事前に予約を入れましょう。また出かける前にはシャンプーやトリミングは済ませておくのがマナーです。ホテルの部屋の中の布団やベッド、浴槽に犬を入れてはいけません。またチェックアウトの前には犬の臭いや毛を残さないようにしましょう。ガムテープ等で抜け毛を処理し、消臭剤を使って臭いを消します。

次に交通手段ごとの注意事項です。

車での移動

車を使っての旅行を考えているならば、事前に車に慣らせなければいけません。(子犬の頃から行なうのが最も望ましい)エンジンを切った状態で車に乗せたり下ろさせたりと、徐々に警戒心を取り除きます。移動中は基本的にケージや犬舎に入れますが、犬用のシートベルトに窓用バリア等を併用するのも良いでしょう。

また、ゴールデンレトリーバーも人間と同様に車酔いをしますので、乗車1時間前くらいに酔い止めの薬を飲ませ、食事も2、3時間前には済ませておきます。また運転中は食事を与えないようにしますが、水であれば休憩の際に犬が欲しがれば与えても大丈夫です。長時間、長距離移動する場合には1、2時間ごとに休憩し、トイレや軽い運動をさせてあげましょう。ただし、休憩の為に停車した車から犬が急に飛び出すのはとても危険です。「ヨシ」の声がかかるまで勝手に降りないようにしつけをしておきましょう。

また、飼い主のみなさんは決して愛犬を車内に放置しないようにしましょう。熱射病にかかったり、最悪死んでしまう事もあります。わずかな時間でも車から離れる時は、愛犬も必ず外に連れ出しましょう。

電車やバスでの移動

近距離で、且つゴールデンレトリーバーがバスケットやキャリーケースに入れられる大きさである時期のみ可能です。電車の場合は手回り品切符を購入します。バスは概ね無料ですが、乗車前に運転手に一声かけましょう。

飛行機での移動

国内線の飛行機にゴールデンレトリバーを乗せるには、ケージや運搬用犬舎を使えば可能となります。ケージは空港で借りることも出来ます。(サイズはS・M・Lとありどれも一律520円)区間料金とペット料金がかかり、後者は当日にゴールデンレトリバーの体重を測定し決定されます。国際線も条件はそれぞれ違いますが、乗せることは可能です。予め各航空会社に問い合わせておきましょう。

船での移動

そもそもゴールデンレトリーバーが乗れる船はごく僅か。乗船する場合には専用のケージに入れたり車に乗せたり、その船により条件が変わりますが、すべて近距離に限ります。予め条件や料金を船会社に問い合わせておきましょう。

ゴールデンレトリーバー
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。