犬の皮膚病特集

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

犬の皮膚病の、 半数はは「痒み」の症状を伴うため、犬は患部を引っかいたり舐めたり噛んだりし、脱毛や傷に繋がります。更に患部に細菌が感染し症状が拡大したり、長期化します。皮膚病が進行していくと、犬の精神も不安定になり、思わぬ事故や怪我を引き起こすこともあります。市販の薬なども時に有効ですが、自己判断での投薬はかえって悪化させる恐れもあります。血液検査をしないと診断のつかないものもありますし、正しい処置を行うためにもお近くの動物病院できちんと診察していただくことが何よりも大切です。

犬の皮膚病
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。