犬の皮膚病の種類(細菌・真菌性の皮膚病)

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


細菌や真菌が寄生・感染して皮膚に炎症が起こることを細菌真菌性皮膚病と言い、犬の皮膚病で脂漏症や膿皮症が入ります。動物には細菌やウィルス等の外的を排除しようとする免疫機能が備わっています。しかし病気や老化・免疫力の低下により、皮膚が外的の侵入を防ぎ身を守るバリアとしての役目が低下している時も細菌が侵入しやすくなります。

皮膚真菌症

主に糸状菌(しじょうきん)というカビが原因となる皮膚病です。空気中に散っている胞子や、皮膚真菌症にかかっている動物との接触で感染します。症状としては、体毛が細くなり、円形状の脱毛が見られます。痒みはあまりないようですが、この円形状の脱毛は悪化していくに連れ、大きく広がっていきます。

脂漏症

脂漏症は犬に多く見られる皮脂異常の皮膚病です。内分泌異常、細菌、寄生虫、アレルギー、遺伝や栄養不足などが原因となり、症状としては皮膚が湿る油性脂漏症というケースと、皮膚が乾燥する(乾性脂漏症)ケースがありますがどちらも脂漏臭という強い臭いがあります。強い痒みのため、脱毛も見られることもあります。また、皮膚の新陳代謝が早まると、角質化が進むことにより乾性脂漏症 に発展します。

症状と原因

主に糸状菌(しじょうきん)というカビが原因となる皮膚病です。空気中に散っている胞子や、皮膚真菌症にかかっている動物との接触で感染します。症状としては、体毛が細くなり、円形状の脱毛が見られます。痒みはあまりないようですが、この円形状の脱毛は悪化していくに連れ、大きく広がっていきます。

膿皮症

膿皮症は傷口から黄色ブドウ球菌などの細菌が感染することで発症します。また、慢性の皮膚病や栄養不足、免疫力の異常なでも原因となります。患部は主に顔、脇、指の間、股の内側などで、症状としては炎症による非常に強い痒みのため、患部を掻いたり、咬んだりすることにより脱毛が起こります。

白癬

カビの一種である白癬菌が原因で発症すると言われています。皮膚が弱い犬や、免疫力や抵抗力が低下している犬に発症します。症状としては円形状に脱毛し、かさぶたができて、皮膚が赤く腫れたりすることがあります。

犬の皮膚病
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。