犬の皮膚病の兆候

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


主な犬の皮膚病の大半は、脱毛やかゆみの症状を伴うと言われています。脱毛に関しては、一目でわかりますが、かゆみの症状は、ワンちゃんがかゆがる動作に気づかなければなりません。かいた部位が傷口となり、細菌などによる二次感染が起こると皮膚病はさらに悪化してしまいます。飼い主の皆さんはワンちゃんのこの兆候を見逃さないようにしてあげてください。

犬はかゆいとき、一般的に次の4つの動作をします。

  • なめる
  • 咬む
  • 吸う
  • 引っかく

これらのうちどのかゆがり方等はをするかということも、重量な診断のポイントになりますので、 病院で診察を受けるときには、

  • いつから症状が出たのか
  • どの部分をかゆがるのか
  • どんな時にかゆがるのか
  • どのようにかゆがるのか

ということを説明できるようにしておくと良いでしょう。

犬の皮膚病
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。