犬の腎臓病特集

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

ガンや心臓病に次いで犬の死亡要因TOP3に入る腎臓病。犬種を問わず発症率が高く、腎臓の一部の機能が低下しても、他の部分が補い機能するという独特の性質があるため、明確な症状がでにくく、飼い主が気付いた時には手遅れの状態になってしまっているケースが多い病気です。死亡率が高いのも発見が遅れる事が大きく関係しています。 機能を失ってしまった部分は、まず元に戻る事はありません。残された腎臓を大切にし、正常に保つことが治療の最大のカギになります。腎臓病は飼い主が愛犬の生活習慣に気をつける事で予防でき、まめな定期健診による早期発見により、大事に至らせないようにする事ができる病気でもあります。このサイトでは西洋医学の視点による腎臓病の情報はもちろん、腎臓病に対して有効な働きを持つとされる東洋医学の自然療法や、家庭で行える治療法、更には代表的な腎臓病の症状や対処・治療法に至るまで、腎臓病に関する豊富な情報を取り揃えております。愛犬と愛犬家の皆様の為にお役に立てましたら幸いです。

犬の腎臓病特集
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。