腎不全(尿毒症)

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

●老年期の犬のほとんどがかかる恐れのある腎不全、定期健診で早期発見を心掛けましょう●

症状と原因

腎臓は、血液中の老廃物を濾し取る役割をしています。(血液濾過機能)この腎臓が何らかの原因でこの機能をしなくなった状態で、急性と慢性に区分されます。犬の慢性腎不全は、主に高齢期以降の犬にみられ、徐々に腎臓の働きが悪くなってしまう病気。 現在、腎不全の治療は、病気のステージによって食事療法、老廃物吸着薬の内服、点滴療法、その他の治療法などを組み合わせて行なう対症療法が主流となっています。

慢性腎不全は、進行性の病気のため治癒は期待できませんが、これらの治療を組み合わせることにより、できるだけ症状の進行を遅らさせて飼い主さんが犬の為に快適で安心させる環境をの向上を計ってください。急性に起こる場合でしたら、腎臓病・尿路結石によって起こることもあります。急性腎不全の症状としては、嘔吐、下痢、脱水症状を起す事があります。中でも最も危険なものが尿毒症です。これは本来、尿として排泄させるべき毒素が腎臓の機能低下に伴い、体外に排出されずに体内に留まって、蓄積される事によって、体中の臓器に様々な問題を与えてしまう病気です。

また、慢性の腎不全では、各種の腎炎が進行することで腎機能が低下して起きます。慢性では、食欲不振、多飲多尿、嘔吐、下痢などの症状が現れます。

治療の方法

※急性腎不全の場合
おもな治療は尿の量をふやすこと、余分な窒素化合物を体内からとりのぞくこと、またたんぱく質以外の栄養を与えることです。急性腎不全の場合、原因を取り除いてやる事によって腎臓の機能回復を図ります。この場合の腎臓の障害は徐々に回復する可能性もあります。内科的治療で、点滴により不足している水分を補ったりします。

短期間のうちに急激に腎臓の機能が低下し、体内に濾過しきれない老廃物が溜まる事により全身的な症状が出ます。原因として考えられるのは、感染症・中毒により腎臓自体に障害が起こし、事故などによる膀胱・尿道の障害などでも誘発し引き起こされる可能性あります。

※慢性腎不全の場合
輸液や薬などで尿の量を増やします。また、食事療法が中心になりますが、十分な水も必要とします。液体はときどき経静脈的に、または場合によっては経皮的(皮下)に投与します。慢性腎不になりますと徐々に腎臓の機能が低下します。腎臓の3/4が破壊されてしまって機能しなくなった時に起きます。急性腎不全が慢性腎不全の原因になる事も考えられます。破壊してしまった腎臓の細胞組織は回復しません。その為に残った腎臓部分に影響がない為に、不足するために起こる障害を機械的に助けてやる方法が取られます。人間では人工透析になるのでしょうが、今現在では犬への人口透析はあまり行われていません。

どこの動物病院でも行えるわけではありませんが輸液や薬などで尿の量を増やします。食事の治療をして十分な水も与えて下さい。液体は期間をおいて経静脈的に、皮下に投与します。

犬の腎臓病特集
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。