犬の目やに取り

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


目やにが出ているときは犬用の洗眼水(人工涙液でも可)などで流し、ぬるま湯に浸したガーゼや脱脂綿、コットンや綿棒などを使い分けて丁寧に優しく取り除いてあげましょう。目やにを乾いたまま放置すると涙やけになることがあります。予防のためにも目やにはこまめに取り除いてあげてください。

また犬の目は健康のバロメーターです。毎日よく観察して、何か変化がないか確認してあげましょう。もし目やにの色が白い透明色ではなく、黄色や緑だったり、目やにの量が普段と比べて異常に多かったり、目が涙目だったり、しょぼしょぼしていたり、色がくすんでいたりしたら、動物病院に連れて行き直ちに診てもらいましょう。

散歩中や帰宅後などは犬の目にゴミがないかチェックしてあげてください。もしゴミがついているようなら洗眼液で洗い流したり、綿棒に絡めてすくい取るようにしてゴミを取り除いてあげましょう。

犬のお手入れ
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。