犬のシャンプーの方法

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート


シャンプーを始める時期は最後のワクチン接種が済んでからです。それまでは濡れタオルで拭いてあげて下さい。最後のワクチン接種が終わったらいよいよ始めてのシャンプーです。勿論シャンプーやリンスは犬用のアルコールが少ない自然派の物を使います。またお風呂場の床が滑ると、シャンプーが怖いと思わせてしまうのであらかじめゴム製のお風呂マットなどを用意しておきましょう。

シャンプー前にブラッシング、耳掃除、爪切り、肛門腺絞りを済ませておきましょう。なお、体調が優れないときや、皮膚病のとき、病み上がりや、出産後、予防接種後も最低一週間はシャンプーを控えてください。

まず36度前後のお湯で全身を下洗いします。手でかけてあげるものよいですが、もしシャワーを使うのであれば、水圧を弱くして、できるだけ身体に近づけて静かにかけてあげてくださいね。かける順番は足→お尻→体→首の順です。顔にはシャワーを使わず、手やスポンジを使って濡らしてあげましょう。

全身を濡らし、大きな汚れを洗い落としたら薄めた犬用のシャンプーを手に取り犬の身体にかけてよく泡立てます。指の腹を使って優しくマッサージをするように全身をよく洗います。背中から洗い、次にお腹や脇を洗います、足は上下に軽く擦るように洗います。首まで洗ったなら、最後に耳に水が入らないように、泡をとって包み込むように耳や顔を洗います。シャンプーのポイントは手早く済ませることです。慣れてきたらすばやく行なってあげましょう。(おしりや尻尾、足先や足の裏、指の間や耳の裏などは汚れやすいのでしっかり洗ってあげましょう)

シャンプーをすすぐ順番は下洗いとは逆に頭から足にかけて行ないます。しっかりすすげたら、次はリンスも行ないます。薄めたリンスを使い、シャンプーと同じように行なってください。リンスのすすぎが終わったら、しっかり全身の水分を絞ってください。(犬に身震いをさせてもいいです。)最後にバスタオルで全身を包むようにして、水分をよく拭き取る。耳の内側なども忘れずに水分を取り除いてあげましょう。

シャンプーがうまくできたら、たくさん誉めてあげたり、ご褒美をあげたりして、犬がシャンプーを好きになるようにしましょう。シャンプーの回数の目安は月に一、二回で大丈夫です。清潔を保ってあげるのは大切ですが、あまり洗いすぎると皮脂まで洗い流し、毛のツヤまでなくなってしまいます。そんな時は濡れタオルで汚れを拭き取ってあげて下さいね。

犬のお手入れ
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。