安静療法

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

●心臓に負荷をかけないために安静にする事が第一です。家族で協力して心掛けましょう●

心情病の治療で最も重要な事は安静にさせる事です。中でも鬱血性心不全で呼吸困難を起こしている犬には、絶対安静を心掛けなければなりません。

犬が健康を維持していく上で運動はとても大切な事ですが、それはあくまで「健康の維持」や「病気の予防」の為であって、心臓病になった場合は話がまったく変わります。「適度な運動は続けた方が良い」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、これは最悪の事態を招くことになりかねませんので、一人で判断せずに、必ず担当の獣医師に確認を取りましょう。

もしも獣医師が無理のない程度の散歩を許可した場合も、ストレスを与えたり、興奮させたりしない為に、時間帯や散歩コースに気をつける必要があります。また家庭内においても、飼い主の喫煙による副流煙や他の犬とのトラブル等、ストレスを与えてしまうような行動、環境は改善しましょう。

犬の心臓病特集
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。