動脈管開存症

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

●進行すると様々な心臓病を誘発する病気です。主に外科手術によって対応します●

症状と原因

犬では最も多い先天的な心臓病です。胎児期に使用され、生まれてくる前後で閉じてしまう胸部大動脈と肺動脈を繋ぐ血管が、それ以降も閉じない事が原因で循環に問題を起こします。大動脈から肺動脈への血流が行われる為、肺血管と左心房に大きな負荷をかけてしまいます。

まったくの無症状から重度のうっ血性心不全まで幅広く兆候が見られ、無症状の場合は身体検査の際、心雑音により発見されたりします。進行すると、元気がない、成長が著しい、食欲不振、呼吸困難等を起こし、左心不全や突然死を起こしてしまう恐れもあります。

治療の方法

外科的処置が可能であれば手術を勧められます。重度であれば、入院するケースもありますが、軽度であれば、手術日まで通院する事になります。手術が困難である場合は食事療法や安静療法と言った内科的処置が取られます。血管拡張薬、利尿剤、強心剤と言った薬物療法も並行して行われます。

犬の心臓病特集
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。