犬のしつけ

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

犬のしつけは、人間と犬が共存していく為に最も重要なことです。正しく行なっていく為にも、飼い主と犬との主従関係を明確に確立しなければなりません。「飼い犬が言う事を聞いてくれない」という飼い主の方のほとんどが、この主従関係が逆転していると言っていいでしょう。そうならないようにするためには、犬のご飯や遊びの催促に素直に従うのではなく、お手やお座りなど、こちらが指示した行動を正しく行なえたら応じてあげる、というようにしていくのが望ましいと思います。

愛情を持って接してあげるのはとても大切なことですが、ただ甘やかしてしまっては、人間だけでなく、犬にとっても良くありません。目安としては誉める事を8割、叱る事を2割くらいの割合で進めていくのが良いでしょう。ポイントは「暴力を使わない」、「できるだけ誉めてしつける」ということです。ただし、誉めるにしても叱るにしても、犬は単語程度の短さなら理解することができますが、文章ほどの長さとなると理解することがかなり難しくなります。犬と接する際には、「ヨシ!」や「ダメ!」など短い単語で意思を伝え、足りない部分は表情やジェスチャーで伝えてあげてください。犬は声だけでなく、表情やジェスチャーもちゃんと理解しているのです。

犬のしつけについて
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。