肺動脈狭窄症

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

●進行すると様々な心臓病を誘発する病気です。主に外科手術によって対応します●

症状と原因

先天的に肺動脈の狭窄を起こし、血流が流れにくくなり、右心系の圧負荷が増大する疾患。肺動脈に血液を送り出す為に、通常よりも大きな力を必要とするので、右心室の筋肉が肥大します。右心室が肥大する事により、心臓の形態異常となり、二次的に三尖弁の閉鎖不全、右心房の拡張を起こします。

肺動脈弁の狭窄部を速いスピードで血液が流れます。心室が肥大して拡張能力が低下し、血液を送り出す能力が低下すると右心系の心不全となります。右心房圧が上昇する事により、腹水、胸水も起こします。運動不耐性、失神、心不全、不整脈などいわゆる心疾患の症状を示します。肺動脈の根元が先天的に狭い為に、心臓の肥大や肺の血圧の低下等が起こり、その結果、呼吸困難など様々な障害を起こす先天的心疾患です。

軽い症状でしたら、疲れやすかったりするものの、日常的に気付かないで無症状で過ごせます。重い症状のケースなら呼吸困難等の心臓病症状を起こして、腹水が溜まってしまう時も起こります。重度の時には突然死の可能性もあります。発症しやすい種類は、ビーグル、ボクサー、チワワ、フォックステリア、ミニチュアシュナウザー等が報告されております。

治療の方法

様々な外科的処置が検討されています。心臓カテーテルを使用して狭窄部を拡張する方法もありますが、弁膜が低形成の動物には効果的ではありません。中等と重症な犬では運動制限が勧められます。症状が現れない時には、治療する必要がないな愛があります。軽い症状のときは、クスリによる治療を行います。症状が重い時には、手術が必要になる事もあります。通常完治は無いので一生のお付き合いになります。心不全が起きている時には予後は難しいものとなります。

食餌は塩分の多い食事は避けて不整脈による突然死等も、関与してしますので未然に防ぎましょう。軽度の無症状でしたら運動制限の必要はないですが、中程度以上になってしまうと手術が必要であり運動制限が必要になります。

犬の心臓病特集
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。