心臓病の検査

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

●犬の心臓病の診断には、以下の4つの診断で検査が行われ、これらによりおよそ90%以上の確率で判定できます●

心臓病には「心臓病の3大症状」と呼ばれるものがあります。内容は以下の通りです。

  • 問診
    犬種や年齢、性別、過去にどんな病気にかかったことがあるか等を確認します。
  • 身体検査
    心音の聴診や、心臓のある部分の触診を行います。他にも直接歩かせてみたり、体重の増減を測定したり、口腔内の粘膜の色を確認したりします。
  • 心電図検査
    心臓の中を伝わる電気信号に異常がないかを心電図の波形等をもとに調べます。
  • X線検査
    いわゆるレントゲン検査です。心臓や肺の形や大きさ等を調べます。

他には、腎臓や肝臓の状態を知るために血液検査を行うケースや、最近では、心臓の動きや内部構造、血液の流れまでも確認できる超音波検査を行うケースもあります。これらの検査を行う事によって、心臓病の種類、症状の度合い、進行の早さ、寿命がわかります。

犬の心臓病特集
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。