三尖弁閉鎖不全症

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

●後天性の心臓病は年を取るほどに発症しやすくなります。定期健診を行いましょう●

症状と原因

三尖弁閉鎖不全症とは三尖弁の接合不全により収縮期に、心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁という弁の異常です。老年期に後天的に発生し犬の心臓病では最も多い病気です。Ebstein病、心房中隔欠損欠損症などの先天的なものと、リウマチ性、肺高血圧症等の後天的なものに分けられる。老年期に後天的に発生し犬の心臓病では統計上で多い病気になります。発症しやすい犬は、ポメラニアン、マルチーズ、ヨークシャーテリアといった小型犬が発症しやすいです。

症状は咳をします。肺の中に水が溜まり始めると気管支内に分泌液がでる事により、さらに咳の原因と繋がります。肺の異常がありましたら呼吸が苦くなり体を横にして寝るの姿勢が苦痛になります。他に、胸を下側に寝るようにな姿勢をとります。また四肢の浮腫、運動意欲もなくなり、食欲も低下気味で、意識の反応も遅くモウロウトしてます。重度の場合でしたら、昏睡等の症状も表れます。

三尖弁の形成異常や心奇形等による先天性の原因と、フィラリア症によって虫体が三尖弁に詰まって、拡張型心筋症、僧帽弁閉鎖不全症による後天性の問題が原因となります。

治療の方法

基本的に心臓病の治癒は難しい為に、一生付き合っていかなければならない病気です。従って症状を抑えて少しでも体が楽になるように、様々な薬物療法を行います。犬の薬としましては、血管を拡張させる役割・心臓の収縮の機能を高める・利尿効果を高めて体の中の不純で余分な水分を減少させる薬などが投与されます。日常の食事では、負担のかからない食べ物を与えてください。フィラリアにより、発症していましたら虫体の駆除をします。また胸水・腹水が溜まって呼吸運動を妨げていたら除去が必要になってきます。

犬の心臓病特集
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。