心室中隔欠損症

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

●初期症状がなく、進行すると呼吸や発育の妨げになる病気。外科手術が最善の対応です●

症状と原因

動物で最も頻度の高い先天性心奇形です。原因は、左心室と右心室を隔てている心室中隔の一部が欠損してしまい孔が残り、この欠損孔を介して血液が左心室から右心室に流入する事から様々な異常が生じてしまいます。小さな欠損孔は発育に伴って自然に閉鎖するケースがあります。そのために心臓肥大等がおこります。

初期であれば症状的には何か起きるような症状はありません。重度ですと運動時に犬が疲労を感じてジッとしてしまう、呼吸困難におちいる、嘔吐、乾いたようなせきが起こる、食欲がない、痩せてきたり、大きくならなくて発育障害の症状になります。

このような症状が繰り返されて他の呼吸器の病気などにもかかりやすくなるようです。また欠損孔の大きさにより、発育障害、呼吸困難、チアノーゼを呈し、心不全で死亡することもあります。

治療の方法

症状がごく軽い場合やはっきりした症状がなければ、安静にさせ、食餌療法を行う等の家庭の看護だけで、特別な内科療法は必要ないでしょう。症状がはっきりしていれば、その症状に応じて他の心臓病と同じ内科療法を行います。

犬では、開心術により欠損孔を閉鎖します。予後は、ごくまれに心臓の穴が自然に閉鎖する事もあります。基本的に自然治癒は望めないです。犬の為にも早期に手術を行なう必要があります。

犬の心臓病特集
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。