犬のトリミング用品

犬の病気・猫の病気 管理人の雑学レポート

●画像は犬用バリカン。愛犬を傷つける心配も少なく、安心です●

ここでは各ご家庭で出来るトリミング用品を紹介します。自分のペットに合ったものを選んで使用しましょう。

スリッカーブラシ(ソフトタイプ)

ブラシ頭部に曲がった細い針金がついていて、抜け毛やもつれ毛を取り除くことができますが、誤って皮膚を傷つけてしまうこともあるので、力を入れ過ぎないよう軽くとかします。ロングコート(長毛)犬のブラッシングに向いています。初めてスリッカーブラシを使う方はまず、ソフトタイプを買うと良いでしょう。ブローイングの際に使うと毛がふかふかになります。

スリッカーブラシ(ハードタイプ)

ブラシ頭部に曲がった細い針金がついていて、抜け毛やもつれ毛を取り除くことができますが、誤って皮膚を傷つけてしまうこともあるので、力を入れ過ぎないよう軽くとかします。ショートコート(短毛)犬のブラッシングに向いています。出来てしまった毛玉を解くにはコチラ。しかし、扱いに技術が必要となります。

ピンブラシ

ブラシが太く、先端も丸みを帯びているため、被毛や皮膚を傷つける心配はありません。ショートコート(短毛)犬のブラッシングやロングコート(長毛)犬のブラッシングに適しています。

獣毛ブラシ

毛づやを綺麗になるだけではなく、地肌のマッサージ効果もあります。生後数ヶ月の幼少期やスムースコート(超短毛)犬のブラッシング、ショートコート(短毛)犬のブラッシング、ロングコート(長毛)犬のブラッシングにと幅広く使えます。

ラバーブラシ

ブラシ部分がゴムでできてて、抜け毛を取り除きます。地肌のマッサージ効果もあります。スムースコート(超短毛)犬のブラッシング、ショートコート(短毛)犬のブラッシングに有効。

スクラッチャーブラシ

ダブルコート(上毛と下毛)になっている犬種や換毛期など、毛の量が多い時にオススメ。

ボブハサミ

使い勝手の良い小型のハサミ。部分的なトリミングは勿論、全体的なカットにも欠かせない一品。どうしても毛玉が取れない時はこれでカットします。

スキバサミ

使用頻度の高い小型のハサミ。スキバサミなので、通常のハサミと比べて危険も少ない。こちらも部分的なトリミングは勿論、全体的なカットにも欠かせない一品。

犬用バリカン

犬種を問わず、全体的なトリミングでも、部分的なトリミングでも大活躍する犬用のバリカン。犬が突然動いてもハサミと違い大怪我に繋がる心配が少ないです。

コーム

抜け毛や死に毛をすくい取るだけではなく、毛並みも綺麗に整えることができる。毛玉がないか、ちゃんとほどけているかのチェックも出来る。こちらも犬種を問わずに使うことが出来る。

犬種別でのトリミングの方法
特集目次
ペットと飼い主の暮らしを楽しく快適にするための役立つ便利な情報満載

犬の年齢表
(年) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
小型犬
(歳)
1 5 9 15 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96
大型犬
(歳)
1 2 6 12 19 26 33 40 47 54 61 68 75 82 89 96 103 110 117 124 131 138 145

※犬は生後5~7年で人間の「中年期」に入ります。